おはようございます若僧です。

ノロウイルスによる体力低下で絶不調が続いておりましたがようやく本調子といったところです。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。、汗
という事でなかなか買い物が出来ていない2017SSですが軽いアイテムからせめてみるとまさかの発見?も御座いましたのでその辺も書いていきたいと思います。


■まずは"ファストファッション"で
真価を問うのがクセでして、、


以前もご紹介した通りこの春はワードローブに鮮度あるアイテムとして2プリーツパンツとヤコブのデニム、そしてベージュ系のニット類を攻めようと妄想していました。

しかしながらワタクシ、ついつい石橋を叩くクセが、、(クセが凄いぃぃ)ありまして取り入れたいアイテムはできるだけ試して使い勝手の良さを感じてから本命を買って行きたいと考えております。

それプラス子供と遊ぶときやバリバリお洒落!って決めていけない日も出来るだけワードローブに近いスタイリングの方がコーディネートも作りやすく気分のまま二軍アイテムも着用出来るので一石二鳥という理由もありますが。

いずれにせよ実験的な意味でもあまり春夏ものに熱を上げれないワタクシにとってはUNIQLOなどのファストファッションはマストなブランドになります。
そこで今回はUNIQLOの春夏に使えるニットとカットソーをご紹介していきます。



■実際に写真で見ていきます。

今回はこちらのアイテム達!
ここには二つですが色違いなども購入しましたのでまた後ほどご紹介します。



左からUNIQLOのボートネックボーダーカットソー(ベージュ)
右にUNIQLOのコットンミドルゲージニット(ベージュ)



ボートネックは適度な薄さのコットン100%の中国製。約2000円っっ
ボートネックのリラックスした感じはまはに今期的なアイテムです。



ミドルゲージのニットのこちらはコットン、アクリルとナイロンの三者混で、昨年から様々なブランドから展開されてきたザックリと表情のある素材感です。肩からネック付近は編み時も変化していてちょまえにつくってあります。笑
しかしながら地厚な生地とゆるい編み、そして混ざりの素材はあまり耐久性はカットソーに比べると劣りますが着用期間の短いミドルゲージのコットンだと考えれば充分でした。


裾は切りっぱなしの切れ込み入りでリブも袖もあらず本当のガシガシ着れるカットソーに仕上がっております。ベージュ×ネイビーのボーダーは上品に仕上がっています。


ラグランスリーブのようなスタイルとしっかりと絞ったリブはUNIQLOといえども肌で感じるクラシック回帰による変化についていかざるとえないのかと感じました。




こちらは後ろ身頃の写真なのですがなにかきずきましたか?


とてもわかりにくいのですが実は





ボーダーとニットの間でここまでサイズ感が違ってくることもあるのですね。肩は落ち気味のニットなのでよしとしても見頃がやはりミドルゲージニットが圧倒的に細く小さいです。丈感は同じのため恐らくそのような差をつけたアイテムなのでしょうが小さい方は特になにか表記や変化もあってよいと思います。
シルエットもピタピタではもう着たくない人も増えていますのでここは注意ポイントですね。


このボートネックは時代をうまく捉えたリラックスシルエットとクラシックなボートネックのディテール、主張の少ないボーダーなのでオトナのカジュアルダウンに最適な秀逸なアイテムです。色違いで別もありますのでまたご紹介します。

一方編み込みとカラーリングの良さで購入したミドルゲージですが、サイズ感には少々不安が見えてきました。この手のニットは尚更ゆったりとした方がリラックスしてカッコのいいシルエットになるので本命のニットを買うときは注意するべき点です。


皆様も是非時代のわかっている"ファストアイテム"をうまく取り入れてオトナのコーディネートを作り上げてくださいっ!




では