皆様おはようございます!

今日は前回に引き続きGAPの万能白Tのレポートをしていきたいと思います!某サイトでありました最も透けないTシャツナンバーワンの栄冠を手にしたGAPのTシャツですが、どこがどのように違うのか日本の誇るファストブランドUNIQLOも比較してみましたので今後夏のワードローブに必須のTシャツ選びの参考にでも、、、!、


ではいきましょーーー


同じ白T?!
着るとわかる違いは?


今回比較するのはUNIQLOの白Tとギャップの白Tどちらもコットンベースのものを比べました。
また普段はGAPのみしか買わないのでUNIQLOは店員の方にベストサイズを聞いて買いましたのでUNIQLOが考える白Tシャツのサイズはどのように着るサイジングか?も個人的には勉強になりました!
因みにMです!サイズがですよ、、笑




平置きにすると、、
右がGAP左がUNIQLOです。
この写真はワザと身幅部分にシワを、袖を一度だけ折って畳んでいますが、ここからみるだけでも右のGAPの方が白い気がしますね。
実際に触った感覚はお互いに厚みに違いはありませんが見た目的にはGAPの方が厚手の生地に見えます。
折り返した袖もUNIQLOの物は下の生地が透けて見えていますね。

ネックのリブの太さにはUNIQLOの方が軍配が上がります。これで厚みがあればチョット武骨な感じで綺麗だと思います。GAPの場合は厚みと丁寧さは素晴らしいですがもう少し緩くても一枚ならいいかなっと思います。



こちらはGAPのTシャツを下から手をいれているところです。指先部分が若干引っ張られることで透けて見えていますね。しかし厚みの残る手のひらの部分はほぼ見えません。



こちらがUNIQLOのTシャツ。生地の負担の大きい指先はもちろん手のひらや指の形まではっきり見えています。このぐらいのサイズなのであまり差がないように見えるかもしれませんがこれが上半身全体となると大きく違ってきます。



こちらはUNIQLOのTシャツ。ヤコブコーエンとスプリングコートのレザースニーカーと白洲次郎ばりのシンプルさです。笑
ネックの緩みは良いですが袖の部分の余りは少し頂けませんね、、
丈はやはりジャパンブランドなので丁度良いところです。
ネックと肩のリラックス感はいいだけに袖と素材の薄さが勿体無いですね。




こちらがGAPのTシャツ。
スタイリングは全く同じなだけに着てみるとかなりの差がありますね。ボディは全体に細く袖のバランスは圧倒的に違います。そして着心地がなにより柔らかーく着やすい印象があります。どちらかというとUNIQLOよりも一枚で着やすそうですね。ただ丈はやはりUNIQLOの方がジャストでGAPはわずかに長いかな?といった感じ。



このまま今の時期に冬物のコットンアウターなどを羽織ればすぐに花見に直行ですね!!笑
シンプルなアイテムだけに武骨なストーンアイランドとの相性は抜群。春にはこんな感じの少し軽いモノトーンが気分です。



意外?にもジャパンブランドのUNIQLOがリラックスしたサイジングと下着感のある薄手の素材感。アメリカの代表的なブランドであるギャップがタイトなシルエットと滑らかな素材感と面白い違いがありました。
アメリカのスタイリングはやはりクラシックとは少し違うテンポなので分かりませんが彼らの考えるTシャツとはこのような一枚で主役になれるものであることは間違いありません。
街着から昇格きてきた白Tもしっかりと自分に着れるか?それ向けのアイテムとなっているか?よく見比べるのも大切ですね!




では