若造のクラシックファッション着道楽

歴史と伝統に彩られたインポートファッションを着こなしたい平凡リーマンのブログでっス

カテゴリ: ヤコブコーエン






皆様こんにちは〜


クラシック気分の秋冬ですが、
お洒落は足元からだと言われる
通りにパンツスタイルにも様々な
トレンドが反映されてあらゆる
素材が開発されています。


その中で近年もはやオヤジの
定番となってきたストレッチの
効いた楽チンデニムたち🤔


洗練されたスタイルと抜群の
履きやすさで圧倒的な支持を
得て、私もヤコブコーエンの
ストレッチデニムばかり
履いてしまうほどの快適さデス。







ですが色々な方が言われる言葉が
ストレッチデニムは裾が伸びて
広がるから抵抗があります。



っっ?!




意外とこれで悩まれている方は
多く、日本人はディテールの妙
にやはり深い造詣を持った
お洒落大国だと
関心してしまうのです、、、




確かにストレッチの効いた
デニムはそのストレッチ故に
なにもせずに裾直しした後は
なんだかロールアップしても
がってしまうので
あります、!、😥😥笑








このように確かにすそ広がりにっ
業績なら嬉しいですがこれは
頂けませんね(*_*)ウムウム



これについての改善方法です!


簡単とってもアイロン掛けで
すんなり綺麗なロールアップ



なんだそれっ!!!😭

そんだけかいと
言われないで下さい笑笑笑





まず




ヤコブコーエンの場合は
ついでに付属しているバンダナも
アイロン掛け出来るため、
バンダナを当て布代わりに
折りたい幅にロールアップした
デニムを上からじっくりと
ミミの部分で分かれるよう
両側からアイロンをかけます。



ロールアップの幅ですが
私は元の縫しろの厚みプラス
ほんの少しぐらいあげる
約1cmから1.5cmぐらいが
使い易いですのでオススメかと。






このように






アイロンした部分が広がらずに
ぴったりとくっついているか
どうか確認する為に終わった
後には縦に広げてみて離れ
無ければ成功です(`_´)ゞ





実際に履いてみると











正面からみても細部のポイントが
いかに大切かわかる綺麗な
ロールアップとなっていますね。








今回は試験的に洗濯した
ヤコブコーエンで片方だけは
アイロンもう片方はそのまま
ロールアップ
してみましたっっ!!!







左がそのままで右がアイロン後
一目瞭然とはまさにこのこと
靴への収まりの良さも含めて
圧倒的に違いますよね?



アイロン後




アイロン前






なんだか左は昔のルパンみたい笑
くるぶしが浮いてしまって逆に
靴への収まりがわるく細く
見えすぎてバランスも
かなり悪くなります。





ファッションの良し悪しは
ディテールに宿ります。
ディテールを美しく見せるには
ある程度のテクニックも必要



よなよな隠し事のようにせっせと
デニムのアイロンお願いしますっ





では


































皆様こんにちは〜。。。!








いつも沢山の方にチェックして頂き本当にありがとうございます。
こんなまだまだ若僧ですがつたないダラダラ支離滅裂文章を根気よく読んで下さる方がまさかこんなにいるとはっ、、、T^T






  
そのお陰で最近は沢山のお問い合わせやご質問を頂き嬉しい限りです、引き続きお問い合わせ等あれば私で良ければ気軽にお願いしますっ!





その中で以前も書いたことで何度か聞かれたのでもう一度載せときます。






オススメのお店ありますか?でございます。









以前も見て頂いた方にはまたかいっ!と言われるかも知れませんがその貴方もついでにもう一度っ、この記事でまとめてますのでこちらでチェックお願いします^_^
















さてようやく本題ですがグレーデニムですね。
昨日ご紹介したメンズファッションの中でも最も必要なパンツの一つがグレーデニムだと思われます。
私的にはこちらのヤコブ。














ジップアップ仕様のj625
僅かに股上を深くしたヤコブコーエンの真骨頂とも言える最高の履き心地のラインj688のジップアップモデルです。
ラインはj688でなくともj622でも宜しいかとお好みで大丈夫かと思われます。
本当は催促みたいであまりリンクは貼らない主義ですがこいつはチェックや試しばきをする事を強くオススメ。
私的に今人に最も履いてほしい、このグレーパンツ同士が欲しいので興味を持たれた方が貴方の身のためかと、笑

















因みにグレーデニムという事が大切なのでいきなりヤコブはと言う方には、シビリアのハードウォッシュブラックデニムやアントレアミのクロップドなどもオススメであります。

シビリアのコスパには毎度ヤコブコーエンファンとしてもやられますねっ。
その加工技術は卓越しておりますし、値上がりしたといえど評価されるべき価格か。



















 さてさて
ようやく履いてみたっ。
長くてすみませんんんんん
じっくりグレーデニムについて考え下さいぃぃ!

























どうでしょか、
私のナンセンスでも決まりますっ。
考えなくとも美しくなる様が気分ですっ。
ただ履くだけ、それだけで様になるパターンメイクとカラーリングが必要なパンツですかと。










ニットはグランサッソのメリノウール
昨年のモデルですが単なる普遍のなんの変化もないプレーンなハイゲージニットでっす。




ただのネイビーのニットにデニムに革靴ですが、我々の目にも普段とは違う鮮度がありませんかねぇ?






その普通でありクラシックで普遍的なアイテムやスタイルながら着心地の良さからくる余裕やリラックス感とグレーデニムのなんとも言えない上品さが抜群に際立つ気がしますね。





グレーデニムは合わないものはないぐらい会いやすいパンツですが、美しくデニムを輝かせたいなら上は上質なノーマルコンサバニットがキモですか。





色はネイビーは間違いなく、グレーでトーンオントーンながら微妙にニュアンスを変えて、ブラックシューズで閉めれば品のある無彩色控えめダンディコーデでっす。。!








単にトレンドとは呼べない程に使えるパンツのグレーデニムは必ずブルーと共に揃えたいところですねっ、以前ご紹介したブラックのコットン系とブルーとグレーのジーンズがあれば貴方のタンスは少なくとも今年は安泰であります。




シックに、水も甘いも経験した貴方だけの控えめコーデを是非挑戦してみてはいかがでしょうか?











絶対にオススメしまっす。






では是非っ!!

































皆様こんにちは〜〜!


今日から仕事再開で気分も切り替えないといけませんね!
三連休は秋冬アイテムを買い漁った方もインスタ等でも多く見られましたが、何かめぼしいものがありましたでしょうか?











私は今週からちょいと連休をいただいて京都にプチ旅行の予定ですが、旅の友になるであろうジーンズをご紹介しまっす。

今最もメンズファッションのワードローブの中でも必須なグレーデニムでっ!












グレーのマスト
デニムはこちら


















ヤコブコーエンのプレビューライン
j625のグレーデニムです!!
ヤコブの美しいパターンは相変わらずでよりストレッチが効いた肉のあるオールシーズン使える生地。








何よりこの風格すら漂う上品なカラーはメンズの基本パンツであるグレーのスラックスと同様に最強のアイテムの一つであると私的には思いまっす。









詳しくみていくと。






ここいらのファイブポケットの処理や僅かなブランドロゴもマークではなくシルエットで魅せる力ですかね、







相変わらずの遊び心の裏地部分。
私と一緒にゴートゥーベットでチョメチョメの文字も伝統の如く。







そして何よりこのデニム。
品番でおや?と思った方は相当な通の方です、実はフロント部分にご注目をっ!!!!!












ジップフロント使用でございますっ!
えーことジーンズに関しては皆様ボタンフライだと云々カンヌン、ラインがどーとかこのボタンを削り出すステンレスがロレックスと云々カンヌン、、、、、etc





デスが








ジップが楽!!!!!であります私は。
邪道と呼ばれる方もおられるかと思います確かに。





事実ヤコブコーエンの世界的な販売のシェア率でいうとボタンフライのデニムがほとんど、世界的にもジップよりもボタンが人気。






でも、、ジーーーーップ。


ラクですよ。笑





世の中の皆様がボタンでないと、!
美しい形は、!
削り出すのが!







人に構わず自らのスタイルを作り上げていると勘違いするのが人の性です。



良いと言われればそちらが正解に、
雑誌に載るものが正しい?
いいえ、広告の事もありますゆえ雑誌はもっとビジネス的です
分かりやすく伝わりやすくトレンドとして、こだわりとして、皆に行き渡って流れを作るのが雑誌の役割ですね。








すいも甘いも味わった大人の皆様は
テンプレ、今やどこにでも見る本から飛び出たような流されるスタイリングアイテムから少しずつ自らの自然なスタイルに多くの方がなってきているかと。







頑張らないけど、着飾らないけど決まって見えて、着心地は良く素材も良いが至ってシンプル普通のカラーとTPPOにあった自然なアイテムを揃えるべきです。








その一つが私的にはこれ。










パンツはグレーが正解です。





今シーズンはグレーがトレンドらしいので今年の秋冬は少し奮発してグレーのアイテムを大量に取り揃えるのも来年以降に役立つことかと思いますっ。











カジュアルなジーンズにもそれは当てはまると思いますしスタイルを作るのは合わせやすく簡単でっす。
(デニムの場合結局一周してブルーが最高という事に落ち着くと思いますが一旦置いといて下さい。( ̄^ ̄)ゞ











美しいパターンにカラーと楽ちんジーーーーップ。
至極単純明快で何にでもあうキングです。



















因みに付属は、こんな感じ
プレビューラインはここが少なくなっているのも値段の安いポイントです










ジーンズ補正時の時に必須な糸。








この付属のバンダナハンカチーフは今までのヤコブの中でもお気に入りのカラー。
チーフとしても使えそうなカラーです。



付属品の考えは至ってイタリアンですね。
英国はマッキントッシュはハンガーさえもの凄くテキトーな物がついてますし付属は最小限。
その事によってできるだけ服本来の値段のコスパを整えたいそうです。
(なので買う際は別ブランドの肩の合うハンガーも必要な方はショップの方に聞いてみた方が◎)






脱線支離滅裂でハナシが進みませんのでまた明日第二ラウンドはこのグレーデニムを履いてみたスタイリングをご紹介しまっす!


洗練パターンと美しいカラーリングの妙にご期待をっ?







見ずとも皆様グレーデニムは確実に持っていなとレベルのパンツですのでじっくりご検討された方がよいですよっ!
潤いの多い懐の皆様は
お一人2.3以上もオッケーかも









ではまた明日。








是非


























皆様こんにちは〜
以前もお話したヤコブコーエン。
今日はその魅力と履くだけで様になるコーディネートの幅の広さを実際にご紹介していきまっす。。




世間では配偶者控除廃止を廃止、、、(正確には中止)
共働きの世の中です、皆が政治家のお偉いさんの私利私欲の為にせこせこ働かされ、上がった税金を奪われ国民に使うといいながら自らの懐に。、

アベノミクス?一部の高所得者が更に高所得になり、その他の普通の方々には恩恵なしどころか厳しくなるばかり。

政治家の血筋で育つおぼっちゃま達には一般人の感覚はわかりませんでしょうね、麻生安倍の大財閥を中心にお金に困ったことのない方達のお金の工面方法などなんの絵にもなりません。







あ、すみません。ついつい無駄な脱線を。笑

かくかくしかじか日本は困った物ですがファッションフリークの方達には絵になるジーパンのお話でした。。

散財も厳しくなりなかなかホイホイとアイテムを買える程の財力はなかなか無いものですよね、!

しかし




安物買いの銭失い






ことこれは当にファッションの話にどんぴしゃり。



その中に最も当てはまり思い浮かぶアイテムがヤコブコーエンのジーンズです。





高いですが、事実は高いゆえの売れ行きとも捉えられます。
シビリア、C+、PT、様々なデニムの中でもトップランカーは今でもヤコブです。
それは今後もしばらくは変わりようがないかと。




今年はグレーデニムを真っ先にオススメしたいのですが今回は入り口という事で絶対に必要なブルージーンズから。







カミチャニスタのシャツと







上からとると何とも短足。
以前もご紹介したコーデですが、
よく考えると過去記事に載せているものでも1番の出番はやはりヤコブコーエン。

だって履きやすいので、、、





頑張って履かず本当ストレスフリー。
再現性の高いストレッチ素材、
美しいラインなのに腰は楽。
素晴らしいとしか言いようのないカラー
ステッチの細かさ、素材の拘り
上げればキリがありません。
絶対に買うべきです!
様々なパンツを5.6本揃えるよりヤコブを2本。グレーとブルージーンズを買う方が何倍も賢い大人です。





あ、そして







独特の新品時の香り。、、










因みに色止めのこの独特のフレーバーは香水ではない為ヤコブコーエンのプレミアムラインでのみ配られる特別なもの。
シソ科のパチョリという香りが主成分らしいでっす。噂によるとロクシタンにあるとかないとか?

ま、その香水を買う前に2本目のヤコブに手を出してしまうやもしれません。







また脱線、長くなりますね、







ジレッリブリーニのヘンリーネックと















ここまで崩しても保たれる品格。
ヘンリーネックのロンT
ハイカットのホワイトレザースニーカー
アメカジとも思える合わせも大人に仕上がり








この時も















私の場合はヤコブは全て688です。
股上が最も細い型よ若干深めで日本人の問題のふくらはぎもストンと綺麗に隠すテーパードラインで履くと感覚を忘れられません。







合わないものは何もありません。





ジャケットに

シャツに

ニットに







この美しきデニムを是非一度試して下さい。

高いと敬遠せずにもう一度チャレンジして下さいね。


昨日の記事のお店にもほぼ全てヤコブコーエンは取り扱われているのでお試しで取り寄せるだけの価値もありかと、













ヤコブコーエンのデニムのハナシの続きは最も必要なグレーのヤコブをご紹介しまっす。




今回はこの辺で






では









要チェックでっす。






↑このページのトップヘ