若造のクラシックファッション着道楽

歴史と伝統に彩られたインポートファッションを着こなしたい平凡リーマンのブログでっス

カテゴリ: ニット



皆様おはようございます。

じわじわとお花見のお話も頂けるようになってきていよいよ春かと実感している若僧です。
とはいうもののまだまだ朝晩は寒暖差の激しいなんとも焦らされいじらしいムフフ〜な季節ですね!笑
そんな季節には軽いアウターとニットにパンツとお気楽かつ汎用性の高いベーシックなアイテムがあると大変便利です。今日はそんなストーンアイランドのニットを着用レポートしていきます!!



■モノトーンも春スタイルに?
何にでも合う万能コットンニット

前回ご紹介したこちらのストーンアイランドのオフホワイトのニット。




汎用性が高く、かつ一枚でも様になるアイテムを探していたところ、ガツーーーンと私のココロにブッ刺さったわけであります。では実際に着てみるとどうなのでしょうか?


まず一枚でも


パンツはPT01(ピーティーゼロウーノ)、ローファーはパラブーツ、グレーとライトグレーのアーガイルのソックスはナッソーです。
昨年から続いていた傾向の一つにモノトーンがあります。特に秋冬には大いに取り扱い量も増えていましたね。モノトーンかつクラシックでベーシックスタイルなカジュアルスタイルが好きなワタクシにとってはとても良い傾向です。

そんな中やはり春となると皆様ベージュを筆頭に様々なカラーアイテムが着たくなる気分ですね!
確かに鮮度、季節感ともに抜群ですがそれだけだと味気ないってのがファッション好きの本音です。
そんな時に春らしいベージュ系のスタイルにもシックな明るいトーンの春モノトーンにも合うアイテムがこのオフホワイトのコットンニットだと思います!



絶妙なサイジング、ベージュと白の中間なのでモノトーンにも合いますし、なんならこのように白のデニムジャケットと合わせる事も出来ますね。
春夏モノトーンはパンツがグレーからライトグレーの範疇が目安なので足元にしっかりソックスを履いて!笑、黒のローファーなんか合わせると楽に品良く春のモノトーンコーデに仕上がると思います。




このままアウターをベルスタッフに変えるだけでもさらっと、形になりますね。春のニットとしては最適のカジュアルな雰囲気と適度なカラーリング、そして上品さとベーシック、すべてのワードを兼ね備えいると思います






コンパクト過ぎないシルエット。大きすぎないシルエット。見事に間をバランス良くサイジングしてあります。ストーンアイランドのアイコンのワッペンも何故かモンクレール等と違いうるさくありません。そして軽〜い着心地とノンストレスのリブ周りはリピートしてしまいそな、、、。笑


オフホワイトという白にもインナー使い出来るほどの万能のさをもっているストーンアイランド。デザイナーの意図が垣間見える実力です。
皆様も是非一度ご覧になってみては?




では







皆様おはようございます!

暖かくなったり寒くなったりラジバンダリーーー!な気温の続く三月となりました。ビームスさんがお好きな方はダブルポイントなる一大イベント中の模様で様々なブログやインスタでも賑わっておりますね。そんな中ずーっと欲しかったアイテムの発見がありましたのでご紹介させて頂きます。


春を迎えるに当たっていくつかワードローブに欲しいアイテムがありました。その中の一つがコットンニットです。
そして今回購入に至ったのはstoneisland(ストーンアイランド)のオフホワイトのコットンニットです。
ストーンアイランドについてはかるーく過去記事でも説明している通り本国イタリアではトップクラスのラグジュアリースポーツカジュアルブランドです!

こちらの記事や こちら の記事、更にこちらの記事をご参考にお願いします。









■"普遍的でベーシック"、
それでいて"普通"ではないのがデザイナーの力です。


今回コットンニットを購入するに当たって条件がいくつかありました。

①合わせやすさと耐久性を考えてなるべくシンプルな物
②色は真っ白でない白
③ハイゲージでもミドルゲージでもない適度な厚みのあるもの
➃一枚でも様になるもの

多いな、、、、笑


そうなんですこの条件、おそらく読んでいただくと共感して頂けるハズですがありそうでないんですっ!!汗


シンプルかつベーシックで上質な素材使いと言えばやはり以前ご紹介したジョンスメドレーが真っ先に上がりますが、、、



スメドレーのシーアイランドコットンはまさに極上で耐久性も申し分ない、ですが今回欲しいニットはもう少し男っぽさというか良い意味での風合いが欲しかったのです。(いやスメドレー何個もあるのに言い訳するな!



というわけで!笑
早速支離滅裂の中のやっとご紹介します!



箱からのーーーあ、luccicareさんです!
いつも丁寧な梱包と素晴らしいセレクト感謝しております。




、、、、、、、、。?、








デデーーーーーン!!!!!


ストーンアイランドのシンプルなクルーネック!でございます。
色はオフホワイト、エクリュや生成りまでもいかないもののすこーしクリームがかった絶妙な色合いです。
まさに上記の条件通りのコットンニット。



アイコンである取り外し可能なワッペンがあることで一枚でも様になる存在感。それでいて邪魔にならず上品に大人っぽく男っぽさが演出できるのは流石のデザイナーズカジュアルです。
まさにエレガンテでスポーティの体現です。ストーンアイランドはアウターブランドのイメージかもしれませんがその画期的な素材使いはニットでもいかんなく発揮されているので秀逸なコレクションが毎年ございます。


柔らかく上質なコットンをわずかに甘く洗いのかかったような風合いで着込んだようなこなれ感が漂います。Tシャツほどガシガシではないのでミドルゲージほど厚みのないもののハイゲージよりはボリューミーです。またその独特の表情のおかげでメランジのようにも見えます。




裾と首のリブは確保しながらもユルーく使い込んだような風合いはここにも使われています。これでリブが詰まっていたらバランスは一気に悪くなりますね。とにかく抜けとこなれ感、これがこのニットのキモです。
袖にわずかのボーダーデザインも一枚でも着れるバランス感覚です。しかもこの手の薄手のニットにおいてリネン混でないところも素晴らしいです。長く使えるポイントですねっ!



不織物と比べるとすこーしクリームがかった色合いがわかるでしょうか?この僅かなカラーリングがコーデのしやすさにかなり関わってきます。真っ白のニットも良いのですが意外と合わせずらい時もあるので何にでも合うという観点からいくと万能のカラーリングだと思います。






このベルスタッフのインナーに着ているのもこちらのストーンアイランドです。


インに着てもよし、一枚でもよし、耐久性もバッチリでシンプル。それでいてあまり人と被らず適度なデザインとカラーリング、悪目立ちしない。まさに自体の空気を反映しているニットの一つと言えると思います。
こなれ感を出すにはオススメのニット、この春大車輪の活躍間違いなしのデザインニット、皆様も探してみては?



では










皆様おはようございます!


連日連夜会社からの帰りにWBC日本代表の試合に夢中になってしまい車からなかなか降りれない若僧です。笑
いつもはイタリアやイギリスといったヨーロッパかぶれな物が好きですがこの時ばかりはおもわず日本を誇りに思います。


さてそんなかぶれた大人のカジュアルの為の必須のアイテム?ともいえるニットが今年は豊作!本気で狙っているアイテムをご紹介します!



今年は断然ミドルゲージ?!
春ニットは素材かテクか悩ましい!



今年の春夏立ち上がりのときにもご紹介しましたが、今季はハイゲージからミドルゲージのクリーンで優しーいニットが春は気分です。
しかもこの春夏にリリースされるコットンニットはものすごく優れもので今の時期はアウターのインナーに、夏前まではトップス一枚で、秋から再びインナーで使える更に冬にはニットの重ね着も出来ると正にオールシーズン使えるのであります!なので春夏にリリースされるコットン系のニットやカットソーは必ずゲットしていきたいと思っております。
大人のカジュアルは難しい、なかなか何から揃えたらいいかわからないと言う方にはまず必要なインナーはコットンアイテムです。


私はスメドレー病なので、、、、




毎年毎年色違いのスメドレーを少しずつ足しております。因みに今年の欲しいカラーはこちらのオフベージュっ!
極上のシーアイランドコットンにこの優しいカラーはたまりませんっ。
と。いいましてもスメドレーの場合は結局ネイビーに帰ります笑



毎年人気のザノーネですが、私的にはシルエットに若干古臭さがあることは否めないですね。しかしそのすっきりしたスタイルは春夏のミドルゲージのコットンには最適です。素材のよさと何と言ってもカラーはうまいです。このVネックはホシィィィ






カラーは乾いたベージュなどの色合いが今季の気分です。リネン素材は扱いがコットンよりも限られますがこれからの花見ように買おうか迷い中なのがドルモアのニット。ポリエステル混なので耐久性、伸びともによく着心地も。個人的には白かベージュで迷います🤔



この時期にアウトレットに以降しているカシミアのアイテムは実は狙い目ですね。グランサッソのこのベージュは今の時期でも欲しいです。


とはいえリアルにクローゼットを幅広く使えるようになるハイゲージのプレーンなコットンはグランサッソの十八番。こちらもベージュからホワイトが気になります。値段も買いやすいので複数いってもいいかもしれません。



お花見ニットの大本命はイレブンティから。正に乾いたベージュ、リラックスしたシルエット、あま〜い編み地と美しい色合い、そしてやすい!!!(回し者か!!笑)これ、実はそうとう試着して悩んでおります。。。



トレンドよりも実際に道具として使えるか?そしてさらに見た目も綺麗か?そんな耐久性と価格とのバランスの優れたコットンアイテム達。すぐに毎年売り切れてしまうので早めの目星が一年のワードローブが強くなるコツ?
皆様はなにか検討しているものありますか?



では






皆様おはようございます!

昨日は広島は久々の晴天にポカポカ陽気でお花見気分も高なった1日となりました。昔からお世話になっている某ブランドの代理店の方からも広島行脚のお知らせを聞きいよいよ桜宴会、春の彩りを感じれる気分に眠っていた"服欲"もマシマシの若僧です(`_´)ゞ笑



さてそんな本格的に春に近づく頃に既に半袖、しかもポロシャツを買う私は完全なるバカですが大好きなジョンスメドレーのシーアイランドコットンに思わず半袖着用レポートです!笑



■名品に見る、トレンドのリラックスフィットも"締まり"と"緩み"を味方につけたスーパーポロ。



 


前回ご紹介したこちらのジョンスメドレーシーアイランドコットンのクラシックな極上のニットポロ。美しい発色、世界一の素材とニッティングも肝心のフィットはある"ポイント"を抑えてこそです。


早速着用画像を見ていきましょう!
今回はまだまだ半袖のコーディネートはチョット、、、という事でフィッティングを見ることを重視して半袖一枚のレポートです!








ミニマルで上品なシルエットは正に秀逸です。昨年のクルチアーニのグレーニットの購入レポートの時と同じく、昨今続いていたあからさまに体に吸い付くようなピタピタのニットではなく裾に"たまり"が出来る"緩さ"が正しく美しいフィッティングかと思います。



しかしながら手縫いで創り上げる小さいアームホールや、マイクロリブと言われる強度の高いしっかりとした袖や裾のリブといったディテール。
そしてピタピタではなく身体のラインを美しく見え、ドレープが出ながらもスッキリとしたサイジング。
これがクラシックながら美しいシルエットを生み出している適度な"締まり"を演出していることで裾や袖がブラウジングする"緩さ"があっても、それが正しいフィッティングであり綺麗で上品な印象を与えていると思っております。






このブラウジングしたサイジングがたまりませんンンンンっ!笑
まだまだ寒いので今回はあくまでコーディネートがメインではないですがこのように2プリーツとベルトレスで綺麗なヴィガーノのパンツとの相性はモチロン抜群です!
ボリュームが減ってくる夏にも存在感のある上品なコーディネートが可能なイチオシコーディネートです。
またクラシックなポロシャツとクラシックなパンツながらアップデートされたシルエットにあえてローテクな白のレザースニーカーを合わせればスポーティかつエレガントを感じれるかと思います。




台襟(襟を支えているシャツのような子襟)がついていることも適度な締まりを創り上げるポイントの一つかと思います。この立体感のある襟と柔らかいロールがジャケットのインにしても収まりがよいスメドレーのポロシャツの違いです。
もう少し気温が上がってくればそのようなコーディネートもご紹介出来ればと思います!




クラシックがトレンドの着こなしとして戻ってきている大人のメンズファッションにおいて適切なフィッティングや素材感をしることはとてーーも重要なことです。ピタピタシルエットになれていた方も先ずは綺麗なサイジングを理解して頂くにもスメドレーのポロシャツは大変オススメです。冬のニット類を買うよりは安い?のでこの春はクラシックで極上の肌触りのポロシャツを体験してみては?




では!









皆様おはようございます!

本日も拙い欲望まみれのblogにお付き合いくださいませ( ̄+ー ̄)


まだまだ気温は安定せず寒暖を繰り返して徐々に春に近づく季節ですね。今年はインフルエンザにやられたこともあり体調管理もしっかりするのが目標です。
昨日のblogにも書いたようにこの時期は重ね着(若者風にいえばレイヤード?)などを駆使して春本番に備えて着々と準備しておりますが、かなーり早とちりながら世界一の肌触り?の大好物のアイテムをゲットしましたのでご紹介させて頂きます!



■100年定番極上の大人ポロシャツ
-本物の価値は永遠とも思えます-


今回購入したのはJohn SMEDLEY(ジョンスメドレー)のシーアイランドコットン(海島綿)のブラウンポロシャツ。モデルはADRIAN(エイドリアン)。






大人の方なら一枚はタンスの中にお持ちかと思われますが、定番物としてジョンスメドレーのポロシャツはまだ持っていない方は必ず?ワードローブに加えて頂きたいアイテムの一つです。エイドリアンというモデルはスメドレーのポロシャツの中でもスリムなフィッティングながら程よくゆとりのある流行に流されないスタイルとジャケットのインや一枚で着てもヒッジョーーに品格漂う美しさを見せる台襟のある立体的なモデル。




横に広がっていない極めてベーシックで美しい襟とそれを支える台襟が世界中の人を魅了しています。ボタンも厳選された天然もので全ての色柄が微妙に違います。




■シーアイランドコットン海島綿とは?

御存知の方も多いかもしれませんがこれから知っていく若い方も多くおられるので一応ご説明させて頂きます。

シーアイランドコットンとはカリブ海の一部の島で栽培されている綿花の中でも手摘みのみでしか取れない「超長繊維綿」でありシルクに匹敵する極細綿で世界中のコットンのなかで最上級の綿のことです。これをジョンスメドレーが30ゲージという非常にほそくかつ世界最高の技術を駆使して手縫いで縫い上げるという正に世界一のコットン、いや世界一の素材の一つです。


世界中の中でもこれほど各国で長く逸品として名を轟かせるアイテムはジョンスメドレーのシーアイランドコットンポロシャツをおいてありません。

世界のトップ技術のニッティングに世界のトップ素材が合わさったものすごいアイテムですね。それにふさわしい極上の着心地、肌触りは一度袖を通すと他のものが着れなくなると言わしめるほどです。




各部の裁縫、可動域である肩周りは手縫いで緩みをだして強度と快適さを両立しています。マイクロリブと言われるリブ袖と包み込むような着心地はクラシックでありながら常に最先端で普遍の美しさを感じさせます。





世に言うコットンの技術と素晴らしさはいわゆる「〜」の加工にあります。それはそれで良いのですがジョンスメドレーのポロシャツにはその「風」をしのぐ圧倒的な本物です。

100年変わらないと思える完成されたシルエット、そして今回は絶妙なブラウンというカラーも即決のポイントでした。スメドレーのポロシャツは良い色があればシーズン関係なく集めてよいアイテムです。

大人の方は夏に春にロンTやTシャツ一枚で出掛けるのは未だに…と思われる人が多いですね。そんな時にもこのポロシャツです。クラシックが復活して確かな普通の素晴らしさに消費者が気付き始めている今、取り入れて間違いないです!


いやーーーそれにしてもカッコよい!!美しいそして肌触りやばすぎます!何度手に入れても同じ感想を言わせるジョンスメドレーのシーアイランドコットンはそれだけの凄みがっっ!



合わないパンツも見当たらず、ジョンスメドレーのシーアイランドコットンは強度も非常に高いですので買わない理由はない?かと思います。



これが3万円。高いか安いかはあなた次第です!ビシッ!!笑







では







↑このページのトップヘ