若造のクラシックファッション着道楽

歴史と伝統に彩られたインポートファッションを着こなしたい平凡リーマンのブログでっス

カテゴリ: トップス




皆様おはようございます!

今日は前回に引き続きGAPの万能白Tのレポートをしていきたいと思います!某サイトでありました最も透けないTシャツナンバーワンの栄冠を手にしたGAPのTシャツですが、どこがどのように違うのか日本の誇るファストブランドUNIQLOも比較してみましたので今後夏のワードローブに必須のTシャツ選びの参考にでも、、、!、


ではいきましょーーー


同じ白T?!
着るとわかる違いは?


今回比較するのはUNIQLOの白Tとギャップの白Tどちらもコットンベースのものを比べました。
また普段はGAPのみしか買わないのでUNIQLOは店員の方にベストサイズを聞いて買いましたのでUNIQLOが考える白Tシャツのサイズはどのように着るサイジングか?も個人的には勉強になりました!
因みにMです!サイズがですよ、、笑




平置きにすると、、
右がGAP左がUNIQLOです。
この写真はワザと身幅部分にシワを、袖を一度だけ折って畳んでいますが、ここからみるだけでも右のGAPの方が白い気がしますね。
実際に触った感覚はお互いに厚みに違いはありませんが見た目的にはGAPの方が厚手の生地に見えます。
折り返した袖もUNIQLOの物は下の生地が透けて見えていますね。

ネックのリブの太さにはUNIQLOの方が軍配が上がります。これで厚みがあればチョット武骨な感じで綺麗だと思います。GAPの場合は厚みと丁寧さは素晴らしいですがもう少し緩くても一枚ならいいかなっと思います。



こちらはGAPのTシャツを下から手をいれているところです。指先部分が若干引っ張られることで透けて見えていますね。しかし厚みの残る手のひらの部分はほぼ見えません。



こちらがUNIQLOのTシャツ。生地の負担の大きい指先はもちろん手のひらや指の形まではっきり見えています。このぐらいのサイズなのであまり差がないように見えるかもしれませんがこれが上半身全体となると大きく違ってきます。



こちらはUNIQLOのTシャツ。ヤコブコーエンとスプリングコートのレザースニーカーと白洲次郎ばりのシンプルさです。笑
ネックの緩みは良いですが袖の部分の余りは少し頂けませんね、、
丈はやはりジャパンブランドなので丁度良いところです。
ネックと肩のリラックス感はいいだけに袖と素材の薄さが勿体無いですね。




こちらがGAPのTシャツ。
スタイリングは全く同じなだけに着てみるとかなりの差がありますね。ボディは全体に細く袖のバランスは圧倒的に違います。そして着心地がなにより柔らかーく着やすい印象があります。どちらかというとUNIQLOよりも一枚で着やすそうですね。ただ丈はやはりUNIQLOの方がジャストでGAPはわずかに長いかな?といった感じ。



このまま今の時期に冬物のコットンアウターなどを羽織ればすぐに花見に直行ですね!!笑
シンプルなアイテムだけに武骨なストーンアイランドとの相性は抜群。春にはこんな感じの少し軽いモノトーンが気分です。



意外?にもジャパンブランドのUNIQLOがリラックスしたサイジングと下着感のある薄手の素材感。アメリカの代表的なブランドであるギャップがタイトなシルエットと滑らかな素材感と面白い違いがありました。
アメリカのスタイリングはやはりクラシックとは少し違うテンポなので分かりませんが彼らの考えるTシャツとはこのような一枚で主役になれるものであることは間違いありません。
街着から昇格きてきた白Tもしっかりと自分に着れるか?それ向けのアイテムとなっているか?よく見比べるのも大切ですね!




では









皆様おはようございます!

今回はいつもと少し違い、ブログを見てくださる方から頂いた質問にそってアイテムをご紹介していきたいと思います!それでは参りましょう!!


■「最近ファッションに興味を持ち始めて大人っぽいスタイルをしたいです。春夏先ず必要なアイテムはなんですか?


このブログをご覧になられている方の半分は私と同世代、もしくは50代以上の方が多いようですが意外にも?3割ほどは20代の若い方にも見ていただいているようです。(ありがとうございます!!!涙)
ご質問やお問い合わせはその3割の若い方からが大半を占めておりこのような何から手をつければ、、、的な質問が増えてきている印象です^_^(まだまだバンバン待ってます!笑)


さてそんな春夏大定番の質問ですが、先ずキレイめなアイテムを揃えたいのならば必須は白シャツです!
具体的にはこのようなアイテムですね。


ジャケットにもインナーにも一枚でも白シャツは絶対に何着もっていても構わないのでシャツ屋の白シャツを買って下さい。定番品なので意外にもセールやアウトレットに回っているショップも多いのでチェックしてみてはいかがでしょう?



因みに過去に紹介したショップ記事デス!



さてそんな白シャツはどこにいっても言われると思うので夏に向けて実は白シャツよりも選ぶのがシンプルにも関わらず難しいアイテムがあります。

今回はそれをオススメとしてご紹介させて頂きます。


Q.ギャップの白Tシャツ


そう




こいつの






コレです。(って自分が買っとんかーい!



先ほど書きました白シャツはどんな場面でも使いやすい、逆に言えば数多くあり当たり外れも余程のことがない限りありません。
初めの内はあまりシャツに2万円以上かけれないと思いますので価格帯も1万円前後の極端なカラー(襟)でなければカジュアル使いでそこまで一般の人から見れば違いはありません。



しかしながらこの白Tシャツは意外にも使い易いものに恵まれません。。。

しかも消耗品なのでいきなりインポートブランドの数万円する白Tを買える訳も必要もありませんよね。
そこで安くて素材もしっかりしていてかつ形が綺麗となるとなっかなかありません。。。。



今の時期や秋などにはニットやカットソーのインナー、はたまたアウターの下に一枚。真夏になれば一枚で。
ここまで長くそして毎日のように使うアイテムはほかにありません。



UNIQLOやH&M、ZARAに無印にショップオリジナルとデパートブランド、…etc

ファストファッション圏内のアイテム様々試して来ましたがダントツでギャップが一番です!






太すぎず細すぎないリブ。適度な厚みのリブなのでインナーにしても浮きません。





シルクのようなドレープ感と薄っすらとツヤ感があるのが特徴です。しなやかでかつ柔らかいのに丈夫な生地感はほかにありません。ダブルフェイスのような目の細かさなので白さは他のブランドよりも高いです。





そして!!何よりもここがちがいます!!透けない!!!!我々の懸念する乳首問題。笑が他のブランドの白Tよりも圧倒的に透けません。以前確かどこかのサイトで最も透けないTシャツとしても研修されていました。




因みに私はこのポリウレタン混のストレッチのTシャツをいつもSサイズ2枚、そしてコットン100%のMサイズを2枚セールの際にまとめ買いします。

ポリウレタン混はインナーから夏のタイトに一枚着る時に。
コットンのみのものは春夏の主役のボックス感のあるリラックスフィットでだらっと一枚で着ています。
ガシガシ洗えて便利ですしね。
ギャップはよく半額セールなどにもかかるのでこれ一枚で1600円!!げきやすぅーーーなのであります。



次回はまたこの白Tシャツを大人っぽいファッションに落とし込むコーデなども出来たらご紹介したいと思います!大人の方も見落としがちは白Tシャツ選び。御存知の方も食わず嫌いの方も一度試してみては?価格で物は選べませんよ!笑



では!






皆様おはようございます!

昨日は広島は久々の晴天にポカポカ陽気でお花見気分も高なった1日となりました。昔からお世話になっている某ブランドの代理店の方からも広島行脚のお知らせを聞きいよいよ桜宴会、春の彩りを感じれる気分に眠っていた"服欲"もマシマシの若僧です(`_´)ゞ笑



さてそんな本格的に春に近づく頃に既に半袖、しかもポロシャツを買う私は完全なるバカですが大好きなジョンスメドレーのシーアイランドコットンに思わず半袖着用レポートです!笑



■名品に見る、トレンドのリラックスフィットも"締まり"と"緩み"を味方につけたスーパーポロ。



 


前回ご紹介したこちらのジョンスメドレーシーアイランドコットンのクラシックな極上のニットポロ。美しい発色、世界一の素材とニッティングも肝心のフィットはある"ポイント"を抑えてこそです。


早速着用画像を見ていきましょう!
今回はまだまだ半袖のコーディネートはチョット、、、という事でフィッティングを見ることを重視して半袖一枚のレポートです!








ミニマルで上品なシルエットは正に秀逸です。昨年のクルチアーニのグレーニットの購入レポートの時と同じく、昨今続いていたあからさまに体に吸い付くようなピタピタのニットではなく裾に"たまり"が出来る"緩さ"が正しく美しいフィッティングかと思います。



しかしながら手縫いで創り上げる小さいアームホールや、マイクロリブと言われる強度の高いしっかりとした袖や裾のリブといったディテール。
そしてピタピタではなく身体のラインを美しく見え、ドレープが出ながらもスッキリとしたサイジング。
これがクラシックながら美しいシルエットを生み出している適度な"締まり"を演出していることで裾や袖がブラウジングする"緩さ"があっても、それが正しいフィッティングであり綺麗で上品な印象を与えていると思っております。






このブラウジングしたサイジングがたまりませんンンンンっ!笑
まだまだ寒いので今回はあくまでコーディネートがメインではないですがこのように2プリーツとベルトレスで綺麗なヴィガーノのパンツとの相性はモチロン抜群です!
ボリュームが減ってくる夏にも存在感のある上品なコーディネートが可能なイチオシコーディネートです。
またクラシックなポロシャツとクラシックなパンツながらアップデートされたシルエットにあえてローテクな白のレザースニーカーを合わせればスポーティかつエレガントを感じれるかと思います。




台襟(襟を支えているシャツのような子襟)がついていることも適度な締まりを創り上げるポイントの一つかと思います。この立体感のある襟と柔らかいロールがジャケットのインにしても収まりがよいスメドレーのポロシャツの違いです。
もう少し気温が上がってくればそのようなコーディネートもご紹介出来ればと思います!




クラシックがトレンドの着こなしとして戻ってきている大人のメンズファッションにおいて適切なフィッティングや素材感をしることはとてーーも重要なことです。ピタピタシルエットになれていた方も先ずは綺麗なサイジングを理解して頂くにもスメドレーのポロシャツは大変オススメです。冬のニット類を買うよりは安い?のでこの春はクラシックで極上の肌触りのポロシャツを体験してみては?




では!









皆様おはようございます!

本日も拙い欲望まみれのblogにお付き合いくださいませ( ̄+ー ̄)


まだまだ気温は安定せず寒暖を繰り返して徐々に春に近づく季節ですね。今年はインフルエンザにやられたこともあり体調管理もしっかりするのが目標です。
昨日のblogにも書いたようにこの時期は重ね着(若者風にいえばレイヤード?)などを駆使して春本番に備えて着々と準備しておりますが、かなーり早とちりながら世界一の肌触り?の大好物のアイテムをゲットしましたのでご紹介させて頂きます!



■100年定番極上の大人ポロシャツ
-本物の価値は永遠とも思えます-


今回購入したのはJohn SMEDLEY(ジョンスメドレー)のシーアイランドコットン(海島綿)のブラウンポロシャツ。モデルはADRIAN(エイドリアン)。






大人の方なら一枚はタンスの中にお持ちかと思われますが、定番物としてジョンスメドレーのポロシャツはまだ持っていない方は必ず?ワードローブに加えて頂きたいアイテムの一つです。エイドリアンというモデルはスメドレーのポロシャツの中でもスリムなフィッティングながら程よくゆとりのある流行に流されないスタイルとジャケットのインや一枚で着てもヒッジョーーに品格漂う美しさを見せる台襟のある立体的なモデル。




横に広がっていない極めてベーシックで美しい襟とそれを支える台襟が世界中の人を魅了しています。ボタンも厳選された天然もので全ての色柄が微妙に違います。




■シーアイランドコットン海島綿とは?

御存知の方も多いかもしれませんがこれから知っていく若い方も多くおられるので一応ご説明させて頂きます。

シーアイランドコットンとはカリブ海の一部の島で栽培されている綿花の中でも手摘みのみでしか取れない「超長繊維綿」でありシルクに匹敵する極細綿で世界中のコットンのなかで最上級の綿のことです。これをジョンスメドレーが30ゲージという非常にほそくかつ世界最高の技術を駆使して手縫いで縫い上げるという正に世界一のコットン、いや世界一の素材の一つです。


世界中の中でもこれほど各国で長く逸品として名を轟かせるアイテムはジョンスメドレーのシーアイランドコットンポロシャツをおいてありません。

世界のトップ技術のニッティングに世界のトップ素材が合わさったものすごいアイテムですね。それにふさわしい極上の着心地、肌触りは一度袖を通すと他のものが着れなくなると言わしめるほどです。




各部の裁縫、可動域である肩周りは手縫いで緩みをだして強度と快適さを両立しています。マイクロリブと言われるリブ袖と包み込むような着心地はクラシックでありながら常に最先端で普遍の美しさを感じさせます。





世に言うコットンの技術と素晴らしさはいわゆる「〜」の加工にあります。それはそれで良いのですがジョンスメドレーのポロシャツにはその「風」をしのぐ圧倒的な本物です。

100年変わらないと思える完成されたシルエット、そして今回は絶妙なブラウンというカラーも即決のポイントでした。スメドレーのポロシャツは良い色があればシーズン関係なく集めてよいアイテムです。

大人の方は夏に春にロンTやTシャツ一枚で出掛けるのは未だに…と思われる人が多いですね。そんな時にもこのポロシャツです。クラシックが復活して確かな普通の素晴らしさに消費者が気付き始めている今、取り入れて間違いないです!


いやーーーそれにしてもカッコよい!!美しいそして肌触りやばすぎます!何度手に入れても同じ感想を言わせるジョンスメドレーのシーアイランドコットンはそれだけの凄みがっっ!



合わないパンツも見当たらず、ジョンスメドレーのシーアイランドコットンは強度も非常に高いですので買わない理由はない?かと思います。



これが3万円。高いか安いかはあなた次第です!ビシッ!!笑







では











皆様おはようございますー若僧です。

本日も拙いブログをチェック頂きましてありがとうございます。




先日久々に広島の街でゆっくり買い物がてら様々なショップを回りましたが春物満開、しかし大手のビームスやシップス等のセレクトに財布は開かず、、、地方のショップには力を入れていない?それとも全国的にこんな感じなのでしょか🤔

あまり批判するつもりもありませんが地方はメインターゲットが若者か?と思う相変わらずなセレクトに沈黙でありました。(広島にはそれを上回る素晴らしいショップがありますので本気で見ていないと言うこともありますが)他の地方の方はどんな感じなのでしょうか気になります。





さてそんな中先日もお伝えしたユニクロはやはり頑張っています錦織も喜んでおります。笑
ボーダーとともにご紹介したニットをコーディネートでご紹介します!





■春こそミドルゲージ?
ユニクロの進化したニット

クルチアーニやジョンスメドレーなどインポートアイテムを使ったクラシックな大人のメンズファッションは様々な素晴らしいブランドがあり、それほどニットは重要なアイテムとなってきています。それはファストファッションにも影響が完全にきています。数年前ではインナーウエア以外はアカンだったユニクロも今や世界のUNIQLO、そこらの力の入ってないセレクトの立派な値段のするアイテムよりもよほど魅力的なプライスでデザインも作ってあります。今年は一枚でもインでも着れるミドルゲージの"乾いた色"のベージュ系ニットが欲しかったのですがなかなかありませんでした。


そこで今年は春ニットはすこしランクを下げてもいーかとユニクロを覗くとあるではないですかミドルゲージの乾いたベージュ。



サイズ感にチト古さがあるものの許容範囲でした。視点を変えてファストファッションのブランドにも目を向けるのもアリですね。それからまた目当てに当たる同じようなアイテムを見つけてもそちらも手を出せるプライスは実験的な意味でも良いですし買って損はないと思います。子供と遊ぶときの二軍アイテムと初めから割り切る事も出来ます。



春にはこんな三色コーディネートでリラックス&スポーティに。




tops
UNIQLO ユニクロ
ミドルゲージクルーネックニット
ベージュ  サイズM
pants
PT01  ピーティーゼロウーノ
コットン起毛マイクロジャガード
グレー サイズ46
sneaker
springcourt  スプリングコート
ホワイトレザースニーカー





春秋冬混同の異素材だらけのコーディネートで全て違うカラーリングのアイテム達ですがいずれもスモーキーな上品な色合いと全て違っても三色なので意外とまとまるコーディネートです。春に一枚で使えるニットコーディネートでかつ暖かさもあるので三月はこの上にアウターを4月5月はこれ一枚で行けますね。トップスがダントツで安いコーディネートですがPT01とスプリングコートの流石の上質感でユニクロも一万円ぐらいには見えるでしょうか?笑





防寒性も考えられる冬のニットに比べ重さよりもデザインの編み地の凝り方で値段の変わる春のニットですのでクルチアーニなどに比べるとやはりかなり劣りますが汎用性や気軽さを考えるとコストパフォーマンスは高いと思います。来た時のインパクトや上質感はあまりありませんが色はいいので狙いの色がある人はオススメです。合わせる他のアイテムを上手く持ってくればシンプルな分ユニクロ感は減らせます。



ニット一枚数万円は当たり前のインポートの世界ですがうまくファストファッションを組み合わせることで価格も抑えたコーディネートが作れますね。比較的にアイテムの売り上げが落ち着きファッション好きにとっては冬よりも盛り上がりの少ない春のメンズファッションは上手くこのようなアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?




では



↑このページのトップヘ