皆様こんにちは〜
今日は時計のハナシです。
上の写真は今まで私が
ご紹介してきたアイテムや
スタイリングの写真です。



しかし
同じよーな物ばかりです。。。。
時期が被ってるのと
見えやすいのとありますが、
まーオモロない服装か、笑




それは置いといて
本題は時計です。
全て同じ時計ですね。

付けているのは1970年前後に
作られたスイスは
ラドーのオートクォーツ





私は豊富な資金とアイテムを
持っているわけでもなく
一つ一つのアイテムは


長く使えるか?
廃れることのないデザインか?
それに伴う
技術的なもの作りが
しっかりとしているか?



など消耗品以外
理由とルーツのあるアイテムが
ワードローブには多いです






時計と靴はその中でも
しっかりとするべきポイントと
メンズのファッション業界
のみならず思っていますね。







その中で時計ですが、
もうこれは現時点では
二度と恐らく買わないです。
(恐らくです許して😂😂笑)






このラドーの時計には
私的に大量のルーツが詰まってます。











この時計は実は
今から約50年弱前に
私の祖父が買ったもの。
私の母がハタチの時
に買ったそうです。



祖父が亡くなるまで
ずっとつけていたそうです。


そして私が
ハタチになった時に
祖母から頂きました。


祖父が私のハタチの祝いに
あげるように預けていたそう。



兄弟にも他にも違うものが
それぞれありましたが
私は服飾好きが見透かされたかの
ように素晴らしい時計でした。



ほんの小さい頃に
亡くなったのでそんな事は
全くわからないハズですが笑





そんな時計をご紹介












詳しくはわかりませんが、
オーバーホール
してもらった際には
職人の方にまだラドーが
オリジナルで他社の
傘下に入っていない頃の
超硬化型の素晴らしい作りと。



現在は落ちたようですが
当時は高級時計の一つ
紳士に人気のメーカーだった模様



ヨーロッパではレストランや
ホテルコンシェルジェ等の
控えめで硬い仕事の方に
絶対的な信頼感のあったブランドです。



ベルトはステンレス製が
ついていましたが、
オーストリッチのブラウンに。


スクエアの僅かにブルー
掛かった上品なケースに
負けないレザーは正解でした。












ヴィンテージウォッチは
世界的にも人気の高いアイテム

私もこの時計の前は
若くチラホラと色々と
手を出したりしてましたが、




ファッションのハナシでも
いつも書くように
何事も理由が大切です。


見た目があとから滲むもの
ファッションのルックスは
目に見える事が全てなのに
目に見えない所が
着る側の器量にでて
変わってくる不思議な物ですね




心意気を持つべきです
英国物の時ともリンクですな(*_*)




皆様大人の方は
きっと素敵なルーツのある
時計をされているはず。


品格のある事がメンズの
時計は大切ですが、
ブランドで選ぶ?
時代で選ぶ?
ご自由ですが
これからの方は
理由のある選択を。




あれば一生かけるつもりで
買ったり修理したりして
いく方が私的には好きです。




何の話かわかりませんが
この辺で笑





ありがとうございました!!





では









また